鹿児島、屋久島をおさんぽ Day3

 

やっと本場で、もののけ姫の登場人物の真似が出来て満足げな五十七日目。

犬神のモロが座っていた場面のモデルとなった太鼓岩がある白谷雲水峡を登ってきました。

雨は小降り、霧がモクモク、もののけ姫日和なコンディションで神秘的な森を見ることが出来ました。

屋久島三日目、登山編はじまりです。

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

霧と苔の世界、太鼓岩を目指して 白谷雲水峡


DSC_4571

濃霧が立ち込める山の中、雨の装備はバッチリ!

裏地がはがれたレインウエアと高校時代のウインドブレーカーを履いて、いざ出発です!

DSC_4573

スタートしてすぐに岸壁を登りますが、ロッククライミングをするわけではありません。。

白谷雲水峡は江戸時代に花崗岩を並べて作られた歩道を歩いていきます。

DSC_4579

川は激流なので落ちないように注意しましょう。

DSC_4585

石の道をしばらく登っていきます。

DSC_4582

こぶの生えた木

DSC_4586

神秘的な木漏れ日

DSC_4590

立派な年輪の切り株

DSC_4595

石の道

DSC_4596

長い根を張る木々

DSC_4597

苔の倒木

DSC_4601

くぐり杉に潜る男

DSC_4606

新緑パワー

DSC_4609

まるで手のように伸びる枝たち

DSC_4610

コダマがいそうな森

DSC_4618

木を持ち上げる女

DSC_4620

立派な根を張る木

DSC_4629

ゴリラの顔のようなコケ

DSC_4632

最後の難所、辻峠を越えれば太鼓岩です。

DSC_4641

太鼓岩に辿り着いて満足げなダディ

DSC_4643

もののけ姫の舞台のような森を見渡せます。

帰りは同じ道を降りていきます。

DSC_4655

女神杉様

DSC_4661

倒木もまるで生きているような気配

DSC_4670

折れても伸びようとする木

DSC_4676

メヂューサの顔

DSC_4682

本当は太鼓岩で撮りたかった岩に座るモロさん

DSC_4684

川と石と苔と森

DSC_4687

時間に余裕があったので、吊り橋を渡った先にある弥生杉コースへと行きます

DSC_4692

霧が深いので、苔もきれいです。

DSC_4694

まるで苔が生きているみたいです。

DSC_4701

写真だと立派さが伝わらない弥生杉、樹齢は約3000年。

DSC_4708

こっちの木も立派です。

DSC_4712

みんな人間の何倍も生きていると思うと人間はちっぽけな存在です。

DSC_4713

霧の立ち込めるスタート地点に帰ってきました。

DSC_4714

なぜ人は森に入り、山を登り、頂上を目指すのか。

それは頂上に辿り着いた人たちにしか感じることは出来ません。

もののけ姫のモデルとなった白谷雲水峡で、大いなる自然たちと少し仲良くなれた気がしました。

明日はいよいよ縄文杉に会いに行きます。

 

 

本日のまとめ


とまり木 ⇒ 白谷雲水峡

歩いた歩数 14756歩

使ったお金 6,839円