熊本、雲巌禅寺をおさんぽ

 

久々のドライブに雨どしゃぶりでもウキウキ気分な四十八日目。

本日は雨予報、雨でも楽しめそうな場所を選んでドライブに出発です。

雲巌洞ー高森湧水トンネル公園ー月廻り公園ー阿蘇神社というコースで巡りました。

阿蘇のウキウキドライブへとレッツゴー!!

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

雲巌禅寺 雨の日の楽しみ方


DSC_3998

熊本駅から車で西方面に約30分、金峰山の麓にある雲巌禅寺にやってまいりました。

駐車場に到着すると宮本武蔵に見えない像がお出迎えしてくれます。

DSC_4026-2

雲巌禅寺には五百羅漢の無数の像と宮本武蔵が籠っていたとされる霊巌洞があります。

入場料200円を払って、お寺の奥にある五百羅漢と霊巌洞を見に行きます。

DSC_4003

入るとすぐに無数に佇む羅漢像が待っています。

羅漢とは釈迦の教えを聞いて悟りを開いた俗体の弟子達のことだそうです。

DSC_4007

約200年前に24年の歳月をかけて、石仏たちがここに運ばれてきました。

石仏は一体一体が表情も座り方も違って、個性豊かな姿を見せてくれます。

DSC_4023

石仏の姿を注意して見ると必ず自分の身内にそっくりの顔を見出すことができるとの言い伝えがあるそうです。

誰がいるか探してみましょう。

DSC_4010

五百羅漢の後には閻魔洞という洞窟もあり、怖い雰囲気をかもちだしています。

DSC_4017

一番奥に辿り着くと宮本武蔵が籠って五輪書を書き上げた霊厳洞が現れます。

DSC_4020

最強の名を手に入れた男はこの霊厳洞でなにを感じ、なにを思い、なにを考えて、五輪書を書き上げたのでしょうか。

DSC_4024

帰りに身内にいそうな、少し出川似の羅漢様を見つけました。

心なしか私にも似ている気がするのは気のせいでしょうか。

DSC_4029

守り神のような黒猫様にご挨拶して、阿蘇へと移動します。

 

 


 

後半へ続く…☞☞☞ 熊本、雨の日の阿蘇をおさんぽ