福井、東尋坊をおさんぽ

 

旅七十三日目後半。

恐竜博物館から東尋坊へ移動しました。

前半はコチラ ☞☞☞ 福井、恐竜博物館をおさんぽ

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

天然記念物の岸壁 東尋坊


DSC_5747

芦原温泉駅からバスで40分、断崖絶壁の東尋坊に到着です。

東尋坊は国の天然記念物にも指定されている場所で、高さ25メートルもある輝石安山岩の柱状節理で出来た岸壁が続きます。

DSC_5752

見下ろすとそこは身の毛もよだつような断崖絶壁が…

DSC_5755

東尋坊から少し奥へ行ったところには雄島という神の島と崇められている場所があります。そこへ行く道は遊歩道が続いており、天気の良い日には散歩にぴったり♪

遊歩道が続く対岸には穴が開いている場所があって気になりました…情報求ム!

DSC_5761

この見事な柱状節理は極めてめずらしく、これほどの規模のものは世界でも三ヶ所しかないそうです。

DSC_5763

岩の間にひっそりと咲く花は哀愁を漂わせています。

DSC_5764

東尋坊という名前の由来は、勝浦にある平泉寺にいた悪事を重ねる暴れん坊僧侶の名前からきているそうです。

悪行を重ねていた東尋坊が、美しい姫君に恋をしました。東尋坊は恋敵である真柄覚念という僧侶と激しくいがみ合います。どんどん周りの僧侶から嫌われていく東尋坊をある日、僧侶たちが海辺見物へと誘います。そして岸壁の上で酒盛りをしてすっかり気持ちよくなって寝てしまった東尋坊を、僧侶たちが岸壁から海へと落としてしまいます。

そうしてこの地には東尋坊という名前が付きました。

DSC_5771

東尋坊は悲しいことに自殺の名所としても有名になっています。

しかし、そんな自殺の名所から人を救おうと様々な自殺を防ぐ活動が行われています。

テレビにも出て有名な相談おじさんもお土産屋さんにいました。

DSC_5774

岸壁に登ると逆に心がからっぽになって気持ちがすっきりとするのは私だけでしょうか。私は単純なので自然と向き合うと自分のちっぽけな悩みなんてすべてなくなります。

DSC_5776

さらに景色を見渡したい方はこちらの東尋坊タワーにも上ってください。白山連峰をはじめ、越前海岸、東尋坊、雄島を一望できるそうです。

恐竜の歴史から東尋坊の歴史まで福井県をたっぷりと満喫した一日となりました。

 

 

本日のまとめ


福井駅 ⇒ 恐竜博物館 ⇒ 東尋坊

歩いた歩数 11079歩

使ったお金 19,134円