神奈川、三浦半島の猿島を冒険しよう!

 

関東は単発シリーズにしようと決めた今日この頃。

シルバーウィークを利用して、仲の良い先輩のKUMAYOさんと三浦半島へとドライブに行ってきました。

新シリーズKUMAYOさんの大冒険がはじまります。(幻の第一回はコチラ)

とにかく三浦半島に行きたいという私のわがままを聞いてくれる優しい先輩と共に、行き当たりばったりの旅へレッツゴー!!

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

猿島 SARU vs KUMA


DSC_7538

どうも今回の主人公のクマヨおばさんです。

本日の旅は疲れ切ったおばさんのような顔で写ってしまったKUMAYO先輩と三浦半島を冒険します。

※本来は香取慎吾似のイケメンの先輩です。

DSC_7540

まずは腹ごしらえ。『魚がし食堂 はま蔵』で海鮮丼を頼んで昼食です。

三浦半島は漁港があって釣り人もたくさんいて、魚好きにはたまらない場所です。

DSC_7542

三浦半島には魚つり公園なる場所もあり、シルバーウィークなだけあって所狭しと家族連れや釣り人で賑わっていました。

この日のメインとなった猿島へ渡るため、三笠公園へ移動します。三笠公園の駐車場へ向かう道路は一方通行が多いので注意。

DSC_7543

KUMAYO、いっきまーす!!

三笠公園から後ろに見える戦艦『三笠』に乗り込んで決戦の舞台、猿島へと向かいます。

DSC_7544

ウソです。本当はこの三笠桟橋からフェリーに乗って猿島へ渡ります。

料金は入園料も含めて往復1500円、一時間間隔で船が出ています。

DSC_7553

ユニクロで(たしか)180円で購入したグラサンをかけて、スナイパーKUMAYOが満を持して猿島へと上陸します。

DSC_7557

10分ほどで船は猿島へと到着します。

DSC_7556

猿島は東京湾に浮かぶ唯一の無人島で、BBQや釣り人、海水浴客で賑わいを見せる島です。
BBQをする場合はすべてレンタルになるので事前に料金など調べてから行った方がいいと思います。

DSC_7558

SARUSHIMA Adventure Island

冒険の島でサルとクマの決戦がはじまります。

DSC_7562

BBQの施設をスルーして奥へと進むとまるでラピュタの世界のような場所に辿り着きます。
この道には煉瓦造りの兵舎と弾薬庫が並んでいました。

かつて猿島は東京湾の首都防衛拠点となっていた場所であり、現在でも砲台跡や煉瓦で覆われた要塞跡が点々と残っています。
また縄文時代の土器や弥生時代の土器・人骨が出土したり、日蓮上人にまつわる伝説が残っているミステリーな島でもあるのです。

DSC_7563

「敵はどこだ?」

その険しい表情は、最初に見せたおばさんの顔ではなくスナイパーの顔になっていました。

DSC_7565

かつての要塞の跡は美しい煉瓦の芸術として史跡になりました。

日本では少ないフランドル積みという積み方で煉瓦の壁が造られています。

DSC_7572

「なんて美しいトンネルだ!」

誰かのギャグかのようにトンネルの真ん中で人目もはばからず彼は叫んでいました。

DSC_7576

群衆がスマートフォンで撮影に群がる中、彼は誰にも気づかれずトンネルの隅で行儀よく猿島と戦っていました。

DSC_7578

「このトンネルでは長い間、熊の亡霊が冬眠しており~地鳴りのようなイビキが聞こえてくるんじゃ」

とガイドのおじいちゃんが説明している奇跡の一枚です。

DSC_7581

誰にも気づいてもらえないKUMAYOさんはトンネルの中でさみしそうに小さくなって佇んでいました。

DSC_7588

「ああ、誰か気づいてくれないかな」

人間に気づいてもらえず、とうとう植物にも話しかけています。

DSC_7589

こちらのカメラに気づいたようです。

早く逃げないと…大変なことに!!!

DSC_7568

入口の近くにあった弾薬庫がなにやら騒がしい様子です。

DSC_7593

砲台跡でKUMAYOさんは自らが大砲となり、エア大砲で猿島を破壊しようとしています。

弾薬庫は空だったようで、あくまでエア大砲です。

DSC_7600

エア大砲に飽きたのかなにやら謎のレバーを回しています。

あくまでエアーなので、なにも起こりません。

DSC_7595

猿島はびくともしませんでした。

そりゃあ島だもの。

DSC_7597

猿島おそるべし…

今回の軍配は猿島に上がった模様です。

DSC_7602

スナイパーKUMAYOの任務は失敗に終わってしまいましたが、猿島はBBQに海水浴に冒険に、とても楽しめる場所でした。

DSC_7604

島を出るとき真っ黒な珍しい鳥を見付けました。

「あれはウミウやで」

さすが物知りなKUMAYOさん、猿島に負けてもウミウには勝つことができました。

DSC_7607

コーラのような東京湾を渡って、三笠公園へと戻りました。

無計画で来た三浦半島でしたが海鮮に公園に猿島に一日楽しむことが出来ました。
横須賀自体はじめて行きましたが、イメージと違い全体的にきれいな楽しい街でした。

私のわがままに付き合ってくれたKUMAYO先輩、楽しい時間をありがとうございました。