岡山、岡山城をおさんぽ

 

三か月ぶりの倉敷に、実家より頻繁に帰ってきてるやんと自分にツッコミ。

岡山には前回やり残したことがたくさん。

旅で出会った人との再会や行けなかった場所に行ったりのリベンジマッチ。

青春18きっぷ一人旅ラスト 山陽・岡山編。

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

大原美術館と岡山城


倉敷 (1)

島根から鳥取経由で一気に南下して5時間、倉敷までやってきました。

ひさびさの倉敷…三か月ぶりってひさびさなんだろうか?

倉敷 (3)

まずは前回行けなかった倉敷の象徴といっても過言ではない大原美術館へ。

「倉敷を守った美術館」は相変わらず混んでいました。

美術館の説明は前回の記事か美術館の公式サイトを是非見てください。

倉敷 (4)

外観も美しい大原美術館。

本館、分館、工芸館・東洋館、児島虎次郎記念館で構成されており、入館料は大人1,300円也。

ピカソの絵をはじめて見て、やっぱり素人に芸術は難しいなというのが正直な感想です…

でもこの絵たちが人々を戦争から守ったと思うと絵の世界に吸い込まれていく感じがしました。結局はキモチ。
岡山(2)

倉敷から岡山駅へと移動。

岡山駅前では、桃太郎さんが出迎えてくれました。

「やあ、やっと会えたね」

岡山城(5)

駅から20分程歩いて岡山城へ。

兵庫県の竹田でおっちゃん結んだ約束を果たしに烏城を見に来ました。

(☞竹田城跡の記事はコチラ)

岡山城(6)

おおー!おっちゃんの言ってたとおりカラスの様に真っ黒。

岡山城(7)

入口の門にあたる廊下門をくぐって天守閣へレッツゴー!

岡山城(8)

あれ岡山城?ちいさくなった?と思いきや月見櫓でした。

名前のとおり月見に最適な二階建ての櫓は当時のまま残る貴重な建物のひとつです。

岡山城(9)

顔みたいに見えるチャーミングな城壁。

石垣には野面積・打込ハギ・切込ハギという三つの技法が使われており、建築技法の発達の様子がうかがえます。

岡山城(11)

本丸への門である不明門をくぐるといよいよ烏城こと岡山城の天守閣とご対面です。

岡山城(13)

岡山城かっこいくないっすか?

岡山城は豊臣秀吉に身内並みに厚遇されて大名となった宇喜多秀家が築城して、その後小早川秀秋へと受け継がれます。

岡山城(10)

かっこいい烏さんとツーショット。

正直、岡山城は期待以上にかっこいい城で後楽園を諦めてでも行った甲斐がありました。

後楽園は城のとなりにある日本三大庭園のひとつなので時間がある方は立ち寄りましょう。

倉敷 (12)

夜は前回見逃した川沿い街灯がきれいな夜景を見ながら倉敷の美観地区をお散歩。

徳島で出会ってすぐ意気投合した姉さんと再会して、いろんな話をして楽しみました。

倉敷 (15)

「やり残したことがある方がまた来ようと思う」

旅で仲良くなった人たちと再会するってすごく素敵なことじゃないですか?

たくさんの出会いを通してもっと日本のことが好きになった気がします。

全国各地に素敵な人と場所がたくさんあるんだもの。

倉敷 (14)

ゲストハウス有鄰庵のミッキーとも再会。

彼はこんなポーズをしてるけれどもなんかの表彰式に出てたりすごい男です。

ミッキーに教えてもらった場所を辿った四国の旅は本当に楽しかったなあ。

倉敷 (16)

まあいいだろう…公開してしまえ!

ゲストハウスはこんなに楽しい場所ですよ♪(笑)

この日は休日ということもあり、満室でたくさんの人が…

ヒッチハイカーにひとり旅にチャリダーにといろんな話ができてとても楽しかったです。

再会を楽しみにしてるぜ!ベッパーズ!!

倉敷 (17)

有鄰庵がテレビで紹介されるということでNHKの取材が…

いちお私もインタビューされたけど総カット(笑) 一瞬だけ姿は映っていました。

まあ、使えないことばっかりしゃべったのでね(強がり)

倉敷 (18)

幸せのプリンとおいしいコーヒー♪

気になっていたプリンがやっと食べれて幸せ♪

倉敷 (19)

若チャリダーが旅立って行きました。

彼と大正から営業してる古びた銭湯で話したことが印象に残っています。

「用意された道をいくことに疑問を感じたんです」

自分が27歳にしてやっと感じたことを彼は自分よりも一回りも若くして感じている。

人間って年齢なんて関係なく、タイミングと環境が人を動かすのだなと再認識する出来事でした。

 

未来に希望も持てない日本の大人たちに告ぐ。

こんなに素晴らしい若い子たちがたくさんいるのだから必ず日本という国は良くなります。

 

彼と日本の未来が楽しみです。

 

青春18きっぷの旅第二弾、西日本ふたたび編。

一週間の弾丸ツアーでしたが、今回もたくさんの出会いと再会があり楽しい旅となりました。

列車で出会ったご夫婦と楽しく話をしながら、岡山から東京へ11時間の鈍行列車に乗って帰路に着きましたとさ。