三重、熊野の世界遺産をおさんぽ

 

旅十日目後半。

熊野市に移動して、世界遺産を巡ります。

旅十日目前半はコチラ ☞☞☞ 丸山千枚田 通り峠を越えて

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

世界遺産① 鬼ヶ城


鬼ヶ城1

丸山千枚田から戻ってきて、午後は熊野市にある世界遺産を巡ることにしました。

まずは鬼ヶ城へと足を運びます。

鬼ヶ城は1.2kmに渡り大小無数の洞窟・奇岩があり、景勝地になっています。

この日は波が高く、なんと通行止め。諦めるしかないのでしょうか。

鬼ヶ城2

相棒が違う行き方を発見。このトンネルの先に鬼ヶ城があるようです。

鬼ヶ城3

ここは昔使われてたトンネルのようで、国道沿いにあるトンネルは車しか通れないようです。

歩行者は松本峠を越えるか、ここを通るしかありません。

鬼ヶ城4

10分程歩いてトンネルを抜けた先に鬼ヶ城センターがあって、その先に鬼ヶ城があります。

鬼ヶ城5

右に見える島は魔見ヶ島(通称マブリカ)と呼ばれています。

征夷大将軍・坂上田村麻呂が鬼と恐れられた海賊・多娥丸の征伐を命じられた際、神通の矢を放ち一矢でしとめたという伝説が残っているんだそうです。

鬼ヶ城6

私は神通の矢じゃなくてもこの海に落ちたらしとめられてしまいます。

鬼ヶ城7

室町時代に有馬忠親が山頂に隠居城として山城を築いて「鬼ヶ城」と呼ばれるようになりました。

鬼ヶ城8

ビッグダディはなにをしとめようと狙っているのでしょうか。

 

 

世界遺産② 花の窟


花の窟1

熊野市駅から鬼ヶ城とは逆の方向に20分程歩いていくと花の窟神社があります。

日本最古の神社で、日本書紀では国産みの舞台として登場します。

祭神は日本神話に登場する伊弉冉尊軻遇突智尊が祀られています。

花の窟2

花の窟だけにきれいな花も咲いていました。

花の窟3

こちらに神々の母、イザナミ(伊弉冉尊)がご鎮座されております。

花の窟4

この高さ45mの窟が御神体とおり、世界遺産になっています。

 

 

世界遺産③ 獅子巖


獅子巖1

熊野市駅から花の窟の手前にあるのが獅子巖です。

私たちが泊まった場所の目の前にありました。

獅子巖2

朝日が昇るのを見たいということで5時に起きて、外に出ました。

朝焼けをバックに熊野灘に向かって吠える獅子の姿は圧巻でした。

獅子巖3

まるで獅子が太陽に噛みついているようです。岩なのにとても神秘的な姿。

獅子巖4

朝の獅子巖には先客が何人かいて、地元のおっちゃんが貸してくれたフィルター越しに撮った一枚です。

獅子が綺麗に太陽を咥えているように見えます。

おっちゃんのおかげでいい写真が撮れたよ、ありがとう。

 

 

世界遺産④ 七里御浜


七里御浜1

最後に熊野市から紀宝町に22km続く日本で一番長い砂礫海岸七里御浜です。

何気なく歩いていたこの海岸も世界遺産だったんですね。

七里御浜2

世界遺産のたくさんある熊野市。

熊野市にはすばらしい世界遺産とあたたかい人達がぼくらを迎えてくれました。

またこの町に帰ってきたいな。

そう思った一日でした。

 

この日、日の出を見ようと獅子巖へ行くと、毎日写真を撮ってる地元のおっちゃんと出会いました。

実は獅子岩と花の窟を案内してもらい、いろいろと地元のことを教わりました。

 

子どもの頃はよく熊野を探検してたみたいでビルよりも高い岩を登ったり遊んでたようです。

「若い者と接する時は若い気持ちで、年寄りと接する時は年寄りの気持ちで接しないといけん」

という言葉におっちゃんの偉大さが伝わってきました。

 

その言葉を胸に刻んで、私たちの旅は続きます。

 

 

本日のまとめ


尾鷲 ⇒ 熊野市 ⇒丸山千枚田 ⇒ 鬼ヶ城 ⇒ 花の窟 ⇒ 獅子岩

移動距離  79.9km

歩いた歩数 20419歩

使ったお金 9,504円

Recent posts