奈良、法隆寺と東大寺をおさんぽ

 

和歌山県を出て、都会の雰囲気が漂ってきた街に戸惑いを隠せない十五日目。

日本で最初の世界遺産、奈良の法隆寺をはじめ東大寺、薬師寺を訪れました。

修学旅行の定番コースを中学生たちと共に巡ってきましたよ。(たまたま)

大人の修学旅行へレッツゴー!!。

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

古都奈良の文化財 薬師寺


薬師寺1

近鉄奈良駅から約15分、西ノ京駅で降りると薬師寺があります。

今日は修学旅行気分で、わーすごい!という感じで楽しみましょう。

薬師寺2

まずは白鳳伽藍から入ります。

こちらの建物は大講堂。

わー子どもの日にかぶるカブトみたい!

薬師寺3

こちらは三重の塔・西塔。

東塔は修理中で2030年まで見れません。

わーホウオウ(ポケモン)いそう!

薬師寺4

こちらは金堂で龍宮造りという瓦葺の建物です。

わーハリセンボンの人みたい!金堂じゃねーし!

薬師寺5

こちらは玄奘三蔵院伽藍の礼門です。

おはスタのレイモンドではありません。

薬師寺6

門の中にある大唐西域壁画殿には、壁画がお祀りされているそうです。

わーガンタンクが武将の格好してる!

既に皆さんの表情は険しいと思いますので、一旦普通に戻ります。

 

 

日本最初の世界文化遺産 法隆寺


法隆寺1

この南大門をくぐった先に飛鳥時代から続く世界最古の木造建造、法隆寺があります。

法隆寺2

申し訳ありません、まだもうひとつ門がありました。

この中門をくぐった先に飛鳥時代から続く世界最古の木造建造、法隆寺があります。

法隆寺4

中門の先にあるのが金堂五重塔です。

金堂には薬師三尊像及び四天王像等が安置されています。

今度こそホウオウがいそうですが、ハルナはいないと思います。

法隆寺3

ここが大講堂で仏教の学問を研鑽したり、法要したりする施設です。

私もしばらくここでギャグを学ぶべきですね。

法隆寺5

少し離れた場所に夢殿と呼ばれる建物があり、聖徳太子を供養するための伽藍・上宮王院の中心となる建物です。

ここには聖徳太子等身の秘仏救世観音像が安置されています。

法隆寺6

法隆寺から20分程歩いたところに龍田神社という聖徳太子が法隆寺を創建される時に守護神としてお祀りした神社がありました。

どこに行ってもお寺と神社はやはり密接な関係にあるようです。

次は修学旅行生でいっぱいの東大寺へと向かいます。

 

 

奈良の大仏 東大寺


興福寺

奈良公園の周辺には東大寺・興福寺・元興寺・春日大社と四つの世界遺産があります。

興福寺は再建工事中で、平成30年まで工事がかかるようです。

東大寺3

奈良公園周辺には至る所に鹿がいて、見飽きるほどたくさんいます。

私の実家の北海道ですら鹿は見飽きなかったですが、ここでは一日で飽きるほど鹿がうじゃうじゃいます。

東大寺4

こちらが東大寺へと続く、南大門になります。

いよいよ本格的に修学旅行生パラダイスとなってきます。

東大寺5

南大門を進んで、この赤い門をくぐった先に大仏様がいます。

外国人観光客と修学旅行生で溢れているこの光景を見て、大仏様はなにを思うのでしょうか。

東大寺6

大仏殿へとやってきました。

大仏様よりも子どもたちの未来にわくわくするのは私だけでしょうか。

東大寺7

奈良の大仏、東大寺盧舎那仏像様とご対面です。

この神々しい表情で子どもたちと私たちの未来を見守ってくれているのでしょうか。

大仏様とご対面したあとは、最後に春日大社へと参ります。

 

 

鹿を神使とする世界遺産 春日大社


東大寺8

鹿様、さっきは一日で見飽きるほどいると無礼を言って申し訳ありませんでした。

神様の大群が食事をされております。

この光景を横目に鹿ロードを進んで、春日大社へと向かいます。

春日大社1

春日大社南門へとやってきました。

春日大社6

春日大社には拝殿はなく、一般の参拝者はここから参拝します。

春日大社2

綺麗な赤い柱と石の灯篭のアンマッチな色合いがたまらないです。

春日大社3

広い境内には十二社の摂末社があり、山の中へと続いてます。

こちらはそのひとつ若宮神社です。

春日大社4

山の中の一番奥に位置するのが紀伊神社です。

なんとも言えない独特の雰囲気が不気味でした。

春日大社5

春日大社を回って、山から下りてくると太陽も沈んできていました。

この浮見堂から見える景色はとても綺麗で疲れた身体を癒してくれました。

 

なにかの記事で最近、奈良の観光客が減っていると書いてありました。

修学旅行生の減少もあるかもしれませんが、拝観料がそれぞれの施設でかかることが負担なことや看板等での外国人向けの説明、誰に対してもわかりやすい解説が少ないように感じました。

奈良にははじめて訪れましたが、素晴らしいものがたくさんありました。

私個人としてはもっと見たいと思えたし、また来ようと思いました。

しかし、どんな人に対しても「また来たい」と思わせるような仕掛けが、もう少し必要なのかもしれないのかなとも思いました。

日本最初の世界遺産・古都奈良の文化財をもっとたくさんの人に感じてもらえるように願っています。

 

 

本日のまとめ


新大宮 ⇒ 薬師寺 ⇒ 法隆寺 ⇒ 東大寺 ⇒ 春日大社 ⇒ 彦根

移動距離  122km

歩いた歩数 26758歩

使ったお金 17,376円