北海道、函館をおさんぽ

去年の今日、わたしは山梨へと向かう電車から外の景色を眺めていた。

これから起こるであろう面白いことに胸を躍らせながら。

一年前を振り返ってみるとなにも変わってない気もするし、すごく変わった気もする。

ただひとつ確かなことはたくさんの出会いがあったこと。本当にたくさんの出会いが。

SPONSORED LINKS

東日本パスで北海道へ帰ろう!


函館

先日、北海道新幹線が開通しましたね。実用性とか在来線がなくなったとか思うとこもあります…が!北海道が盛り上がるのはとてもうれしいことです!

今回は新幹線が開通する前の2015年の年末、東日本パスを使って鈍行列車で故郷の北海道まで帰省したときのお話です。

この写真は帰りに夜行列車のはまなすに乗り込んだときのホームの様子。ここでも出会いがありまして、鉄オタっぽいキャラの濃い三人のおじさんと仲良くなり、列車が来るまでの時間ずっと話していました。

マニアックすぎて、ほとんど話の内容わからなかったけどね!

函館

どーも、パコダテ三兄弟の末っ子です。

2015年47都道府県制覇の旅、ラストを飾る北海道に上陸しました。(沖縄は前職の社員旅行にて制覇)

函館

ひさびさでもない函館と雪に浮かれながら、なにかひとつのことをやり遂げた満足感で満たされていました。

これからの人生になにか役立つわけでもないかもしれませんが、2015年は5年分くらいの記憶が蓄積された気がします。

函館

函館お馴染みのラッキーピエロとハセガワストア!

これを食べるためだけに札幌から車で片道5時間くらいかけて来ていた頃は、同じ所要時間で東京から名古屋まで行けてしまうことも知らない道産子ボーイでした。

函館
函館はやっぱり晴れの日が最高。何度来てもこの町並みは心地いい雰囲気。

ちなみに函館出身の子は可愛い子が多いとのうわさ…

函館

函館には教会がたくさんあります。雰囲気は長崎に似てる気がします。

長崎に似てるなんて去年までは思いもしませんでしたけども。

函館

函!!函館はその名のとおり形が箱に似ていることからその名がついたそうです。

電車に乗って中心街から五稜郭へと移動します。

函館

右に見えるタワーが五稜郭タワーです。ちなみに五稜郭は江戸幕府の役所として作られたんですね。春には桜できれいに埋め尽くされます。

函館

タワーから五稜郭を見下ろすと五芒星の形に!久々に見ましたがきれいですねー。

函館

夜にはライトアップもしているそうで、東京みたいにギラギラしたLEDではないですが、ほんのり灯る明かりに風情を感じますね。

函館

新選組の土方歳三は函館で命を落としました。本州のように歴史はないかもしれないけど広大な蝦夷の大地でも確かな歴史が刻まれています。

函館

くまくまくま。北海道には熊カレーもありますよ!

夜も更けて日本三大夜景を見るべく函館山へと向かいます。

函館

やっぱり夜景は北海道だねえ。函館の夜景は光量がちょうど良いんだよな。

ちなみに私のNo.1夜景スポットは旭山記念公園という札幌の公園で未だに塗り替えられてません。思い出補正もあるけれど。

函館

有名な海の見える坂。こちらも夜はきれいにライトアップされています。

函館は坂フェチにはたまらないたくさんの坂があります。本当にいい街ですよ、函館。

函館

海の見える坂の朝はこんな感じ。吹雪の日はどこの坂も雪しか見えない坂に変貌を遂げます。

函館

雪かきしてるおじちゃんが教えてくれた屋根がコンクリでできているお寺。雪国では屋根が木造だと雪の重みで崩れてしまうので強度を高めないとならないのです。屋根の雪かきってとても大変なんです。

函館

海沿いに並ぶ金森赤レンガ倉庫。スナッフルスというチーズケーキがめちゃくちゃうまいのでおすすめです!実は有楽町にもお店があります!

函館

楽しい函館を後にして鈍行列車で札幌へ。はじめて列車で帰るけど約8時間もかかるって恐るべし北海道。

函館

停車時間の長い森駅で寄り道。

函館

いかめしー!ひさびさに食ってもやはり安定のうまさ。

函館

あー、雪と山しかない幸せ。

函館
スノボが出来るヒラフさんや

函館

相変わらず憎めない、くっちゃんとか

札幌

懐かしい名前の駅を越えて札幌についたころにはすっかり日が暮れてしまいました。何度も見たテレビ塔も改めてみるとかわいいやつだなあ。

札幌

日本三大ガッカリ観光スポットにも選ばれた時計台を最後に見て実家へと戻りました。

12/30に北海道に上陸し、何度かに分けて達成した日本一周の旅も終わりを告げました。一年前のあの日、決断をして旅をスタートしなければ出会えなかった景色や歴史、すばらしい人たちとの出会いはありませんでした。

旅から帰ってきていつも思うのは「良い出会いがあったな」ということ。一昨年までの人生だってたくさんの出会いがあったし、これからだってたくさんあるはず。だけど旅で出会う人ってやっぱりなんか特別なんですよ。みんな楽しそうに笑うんです。満面の笑みで。

自分も毎日あんなふうに笑って暮らせるように、もう少し色々なものを見ていきたいと思います。

るろうにの旅路はまだまだ続く!