京都、金閣寺と鴨川をおさんぽ

 

生まれ変わるなら出町柳で京都の大学生として、エンジョイライフがしたい十九日目。

比叡山を越えて出町柳に宿を取り、その周辺の京都の街を自転車で散策しました。

下鴨神社ー上賀茂神社ー金閣寺ー清明神社ー二条城ー狸谷山不動院ー銀閣寺

という順に回るハードスケジュール、果たして無事に回りきれるのか!?

自転車シリーズ第三弾、京都編スタート!

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

鴨川をつなぐ上と下の二つの神社


鴨川

出町柳には大学が何校かあって、自転車で走っている学生をたくさん見かけます。

その学生たちの青春が繰り広げられているであろう川がこの鴨川です。

鴨川といえば祇園でカップルが等間隔に座っているイメージが強いですが、上流の方では学生たちが運動したり、楽器を練習したり、友達としゃべったり、本を読んだり、寝ていたり、鴨川沿いで自由な時間を過ごしている光景が見られます。

ここから京都の文化は育まれていくのかなと思いながら鴨川沿いを自転車で進みました。

下鴨神社1

鴨川は賀茂川と高野川が出町柳辺りで合流して、ひとつの川になっていきます。

その川の合流地点の間にあるのが、賀茂御祖神社(下鴨神社)です。

下鴨神社2

下鴨神社は京都の神社の中では最も古い部類に入るそうです。

この神社では結婚式を挙げることもできるようで、この日も写真撮影をされているカップルがいました。

ここでたくさんの愛が育まれてきたと思うとドキドキします。

下鴨神社3

門をくぐると中央に位置する舞殿という場所です。

結ばれた二人を祝福する舞をここで披露するのでしょうか。

下鴨神社4

神社まで続く道には糺の森があって、草木と小川が続いています。

突然ですが、みなさんは蛍を見たことがありますか?

私は夜にこの森を歩いていたら生まれて初めて蛍を見ました。

都会の中でも蛍の光を拝めることが出来て、京都に住んでいる人が羨ましくなりました。

あと、なぜか鴨川に迷い鹿も一匹いました。

上賀茂神社1

鴨川を上流へと進んでいくと賀茂別雷神社(上賀茂神社)があります。

別雷とは「雷を別けるほどの力を持つ」という意味で、雷にも勝てる神様が祀られています。

ルフィみたいですね。

上賀茂神社2

門の先にはからぶき屋根の古風な拝殿が迎えてくれます。

下鴨神社よりも全体的にも古風な神社です。

上賀茂神社3

この門をくぐると本殿があり、重要文化財もたくさんあります。

鴨川を守る神社は上も下も雰囲気の良いきれいな神社でした。

鴨川を後にして、金閣寺へと向かいます。

 

 

黄金に光る寺 金閣寺


金閣寺1

こちらがかの有名な鹿苑寺、改め金閣寺です。

金閣寺はやはり平日でも観光客でごった返していて、いろんな国の人がいて日本じゃないみたいリターンズでした。

ゆっくりと写真も撮れないほどの混み具合で土日に来たらと思うとゾッとします。

金閣寺2

山梨からずっといろんな地を回ってきましたが、日本の世界遺産には必ず外国人観光客がいました。

外国人の方々(特に欧米)はすごく細かく調べてきている人もいたり、自分の足で何時間もかけて山の中を登ったり、日本人よりも歴史に対して興味を持って日本を知ろうとしてくれている印象を持ちました。

その外国人観光客に対して、英語の説明を多くして親切にしている土地もあれば、あまり受け入れたくない土地や人もいて、観光産業という側面から世界遺産を見ると様々なことも見えてくる気がします。

この京都という地は外国人観光客が多いこともあり、必ず英語表記があるしグローバル化に積極的な印象で、これから日本が観光業を伸ばしていくにはこの京都をモデルに様々な変化を受け入れていく必要があると感じました。

京都は歴史や文化遺産があることに傲らず、それをどうやって人々に伝えていくかということに貪欲になって、様々な展示・表現の仕方を工夫していて見てて楽しかったです。

金閣寺3

金閣寺自体は人が多すぎて、ただの観光地の気分になってましたけども…

次は清明神社ー二条城へと向かいます。

 

 

陰陽道を継承する 清明神社


清明神社1

稲荷神の生まれ変わりとされている陰陽師・安倍晴明を祀っている清明神社です。

映画等で有名になった神社ですね。

清明神社2

こちらは清明井という名の井戸です。

この井戸に流れる水は清明水と呼ばれ、陰陽道の霊力により湧き出たとされていて無病息災に効力があるそうです。

清明神社3

本殿は真新しい感じがあって、作り直した印象。

もしも私が陰陽道を使えたとしたら、女性の病気ばかり治すエロ陰陽師になっていたことでしょう。

 

 

美しい平屋の城 二条城


二条城1

金閣寺と銀閣寺の間に位置する二条城は徳川家康が宿所として作った城です。

様々な移り変わりがあるようですが現存する二条城は徳川家康の城となります。

二条城3

二条城も京都の観光名所となっており、修学旅行生や外国人観光客がたくさんいました。

こちらは本丸なのですが、なぜか誰もいませんでした。

二条城4

二の丸御殿庭園という特別名勝に指定されている庭園もあって散歩にも適しています。

金閣寺のような華やかさはないですが、きめ細かい造りをしたお城でした。

最後に銀閣寺に行こうとしましたが、その前に気になっていた狸谷山不動院へ行きます。

 

 

宮本武蔵が修行した地 狸谷山不動院


狸谷山不動院1

こちらが山の中にある狸谷山不動院です。

結論から言うとここに行ったため、銀閣寺には間に合いませんでした。

切り替えなしのチャリで山の中の坂道は辛すぎです…

狸谷山不動院2

狸谷山不動院の中にある小さな滝が宮本武蔵の修行した場所だそうです。

滝というか打たせ湯みたいな感じでしたが、ここで宮本武蔵は修行したんですね。

狸谷山不動院3

この山にそびえ立っているのが狸谷山不動院の本殿です。

狸がたくさんいることを期待したんですが、狸は入口の鳥居の横にたくさんいるだけでした。。

八大神社1

狸谷山不動院へと続く上り坂の手前にある八大神社にも寄ってきました。

ここも宮本武蔵ゆかりの神社だそうです。

八大神社2

宮本武蔵ゆかりの地として訪れたのですが、ご祭神は我らが素戔嗚命が祀られていました。

素戔嗚さんに引き寄せられたのでしょうか。

八大神社3

最後に宮本武蔵さんに登場いただきました。

彼を見るがために銀閣寺には行けませんでしたので、また次回訪れたときにでも行きましょう。

今回は所要時間約八時間で、六ヶ所のスポットを自転車で回りました。

回ったところが多かったので、長くなってしまいすみません。

実は紹介しきれなかった場所もあって、自転車だとぷらっと寄ることもできて、交通機関を使うよりもいろんな所へ行けるのでおススメです。

明日は逆に地下鉄のフリーパスを買って、京都を散策しようと思います。

 

 

本日のまとめ


出町柳 ⇒ 下鴨神社 ⇒ 上賀茂神社 ⇒金閣寺 ⇒ 清明神社 ⇒ 二条城 ⇒ 狸谷山不動院

移動距離  25.4km

歩いた歩数 28740歩

使ったお金 16,057円