京都、天橋立と元伊勢をおさんぽ

 

学生時代から夢に見た日本三景制覇した七十二日目。

中部・関西・四国・中国・九州と回ってきた旅も‟古都”京都へと戻ってきました。

日本海側を海沿いにつたって、日本三景で唯一見たことのない天橋立を訪れました。

きれいな海と立派な松の並ぶ並木道を歩きます。

 

 

SPONSORED LINKS

 

 

 

 

日本三景制覇 天橋立


DSC_5630

京都にありながら京都駅から電車で二時間という遠い場所に天橋立があります。天橋立は日本三景の一つで松に囲まれた砂州の道です。

周辺には遊園地や温泉、神社・寺など観光地としても充実しており、京都市の次に観光客が多い場所です。

DSC_5637

駅を出るとお土産や食事のお店が立ち並んでおり、さすが観光都市京都だけあってきれいに整備された道が続いています。

廻旋橋という橋を渡って天橋立へと上陸するのですが、なんとこの橋は回転式になっており船が通るときは待ちぼうけをくらいます。

DSC_5636

といっても船が通っていく時間は5分程で、逆に回転する橋を見れるので船の通過に出会えたらラッキーかもしれません。

砂州だからでしょうか、砂を運んでいました。

DSC_5640

天橋立へ渡ると海側はきれいな砂浜になっており、海水浴場として利用できる場所もありました。

日本海側はきれいな海岸が多いですね。この日も晴天の元、水遊びをしていました。

DSC_5648

水遊びタイムも終わり、美しい松並木を歩いていきます。

天橋立は松並木を抜けた先にある傘松公園という、リフトかケーブルカーで山を登った所にある展望台から全景を見渡すことができます。

そこまでは30分程歩く必要があり、歩くのが嫌な人はレンタサイクルやバスで行くこともできます。

DSC_5645

アームストロング砲や

DSC_5646

いびつな形の松や

DSC_5652

松のトンネルを眺めながら並木道を歩いていきます。

DSC_5655

並木道を抜けて、さらに10分程行ったところにリフト・ケーブルカー乗り場があります。

どちらも金額は共通で往復850円でてっぺんまで行けます。

DSC_5657

リフトにゆらゆら揺られて頂上を目指します。

DSC_5660

頂上からは絶景の天橋立を眺めることができます。

松の並木道が本当に橋のように向こう岸まで続いていました。

DSC_5664

傘松公園の中には冠島沓島遥拝所があって、ふたつの神の島と言われている島を眺めることができます。

神の島というだけあって神秘的な雰囲気が漂っていました。

1441507088456

天橋立といえば股のぞきらしく流行りに乗って股から天橋立を覗いてみました。

DSC_5670

股から見た絶景はこんな感じ。

まさに天に続く橋のように見えました。

天橋立を堪能した後は元伊勢と呼ばれる神社を巡ります。

 

 

かつてのお伊勢さん 元伊勢を巡る


DSC_5681

リフト・ケーブルカーの乗り場のとなりには元伊勢籠神社があります。

ここは天照大神、豊受大神がここから伊勢に移されたそうで、その経緯から元伊勢と呼ばれています。

元伊勢と呼ばれる場所はいくつかあって、京都だけでなく他の県にもあるようです。

DSC_5677

籠神社からさらに奥の道へと進むと籠神社の奥宮と呼ばれる真名井神社があります。

ここはパワースポットとしても有名だそうで、霊水の湧水は有名人も汲みに来るほどの場所だそうです。

奥宮と呼ばれるだけあって、ただならぬ雰囲気を感じる神社でございました。

DSC_5685

天橋立駅に戻り、そこから北近畿タンゴ鉄道に乗って福知山市にある元伊勢内宮と呼ばれている皇大神社へと向かいます。

天橋立駅から鉄道で30分の距離にある大江山口内宮駅で降りて、歩いて10分ほどの所に神社が現れます。

鉄道の本数がかなり少ないので鉄道を利用する時は注意が必要です。

DSC_5695

皇大神社はアマテラスさんが祀られている場所で、伊勢神宮内宮の元宮だと伝承されています。

この周辺は特に観光地化されているわけではなく、神社のみがひっそりとあるので神聖な雰囲気を味わうことができます。

境内はとても広く、他にも様々な神社がありました。主さんのご厚意に甘えて荷物を置かしてもらって周辺を歩いてみました。

DSC_5692

真名井の池、真名井神社と関係がありそうです。

DSC_5697

天龍八岐龍神社、龍の伝説でもありそうな場所です。

DSC_5699

少し奥に進むと岩戸山を眺めることができる遥拝所がありました。

神様が降りてきそうな場所です。

DSC_5702

その奥の道をさらに進んでいくと川辺に降りる階段がありました。

DSC_5706

崖の上にそびえ立つ、皇大神社の奥宮である天岩戸神社が現れます。

この神社が建つ下にある石は御座石と呼ばれ、神様が降り立った場所とされているそうです。

参拝するには岩にかかった鎖を伝って、神社まで登る必要があります。

1441507097300

人生初ロッククライミングをまさか神社でするとは…

鎖を伝って天岩戸神社を参拝しました。

今回は訪れることができなかったのですが、豊受大神社という伊勢神宮外宮の元宮と呼ばれる場所も近くにあって伊勢神宮のように外宮→内宮と参拝するのが本来の順序です。

観光地化された神社と違って、独特の古社の雰囲気と田舎の街並みを味わうことができる落ち着く場所でした。

都会の雑踏に疲れ切った心を癒すのにはぴったりの神社なので、天橋立のついでにぜひとも訪れてみてください。

 

 

本日のまとめ


天橋立 ⇒ 元伊勢籠神社 ⇒ 皇大神社

歩いた歩数 20814歩

使ったお金 17,680円