皇居周辺をランせずに散歩してみた

8時起床、天候は快晴。

この日はせっかく天気が良いということで思いつきで皇居へと行ってきました。

皇居へ行くにはどの門から入るかによって降りる駅が違います。坂下門・桔梗門の場合は二重橋前駅か大手町駅、もしくは少し遠くなりますが東京駅。大手門の場合は大手町が一番近く、平川門・北桔橋門の場合は竹橋が近いようです。

私は二重橋前駅から向かいました。

皇居1

皇居とは・・・

徳川幕府の居城(江戸城)であったものが、明治元年(1868年)10月に皇居とされ、翌2年(1869年)3月明治天皇は千年余りの間お住まいであった京都からこの地にお移りになり現在に至っています。

皇居の周りを歩いてみると江戸城の面影を感じることができます。

皇居の参観には申し込みが必要です。(無料)宮内庁のホームページからも申し込みできます。10時の部と13時の部の1日2回実施されており、所要時間は約1時間15分での参観だそうです。土日祝日と年末年始、夏場の午後の部(7/21~8/31)は実施されていないようなので注意。

 

 

皇居は広い!外国人観光客がたくさん!


皇居2

皇居外苑に着くとさっそく桜が迎えてくれました。平日だからか外国人観光客の方々がたくさんいます。写真を撮ってる人がたくさんいて、欧米の方は写真を撮ってても絵になりますね。

写真の撮られ方を見てて感じたのですが、外国人の方って写真を撮られるとき必ず満面の笑顔だしポージングをしっかりと取りますよね。日本人の場合、恥ずかしがって固い表情になったり直立不動だったり。

日本には「恥の文化」が強いので良くも悪くも写真を撮るときにおとなしいのかもしれませんね。逆に奥ゆかしさを表現するのは日本人が得意なことかもしれません。

流行りのセルカ棒を持っている人も相変わらず多いなーと思っていたらほぼ日本人かアジア人でした。流行りに飛びつくのがアジア人、便利なものを流行らせるのが欧米人というのが勝手なイメージです。

皇居3

皇居の周辺にはいろんな種類の花が咲いていました。

さすが皇居、木々も高級感のある美しい木ばかり。

皇居4

三色木。

三種類の花のグラデーションがすごく美しい。

皇居5

小さなお城がありました。

このくらいの手頃な家でいいので住ませてくれないですかね。

皇居6

坂下門と蛤壕とコケです。

無類のコケ好きの人と乃木坂のまりっかにはたまらないスポットですね。

皇居7

奥に見えるのが宮内庁ですかね。

ここで日本の未来が話し合われているのですね。

皇居8

自然とビルのコラボレーション。

東京に初めて来たとき、ロボットみたいなビルの街に感動を覚えたのを今でも鮮明に覚えています。自然には勝てないですが人間の造る力はすごいです。

二重橋

まっすぐと進んでいくと二重橋に辿り着きます。この向こうは旧江戸城西ノ丸があり、現在は皇居となっていますので一般人は入れません。

最近ニュースでは佳子様がICUに入学すると話題になっていました。容姿端麗(可愛い)と各方面から騒がれていましたね。この先に佳子様がいると思うと胸のざわめきを隠すことが出来ません。佳子様がアイドルだったら頂点とれると思うのは私だけですかね?

皇居9

正門の前は中国人のツアーなのか外国人観光客で溢れかえってました。みんな自由に写真を撮っていました。オリンピックまでにさらに観光客は増えていくのでしょうね。

日本はグローバリズムに置いてかれないためにももっと変化しなければならないと思います。古き良き文化と新しいテクノロジーの融合。そのためには両方の立場の人がお互いに歩み寄って理解しあい、遠い未来のための行動を起こさなければ時代の変化には追いつけないでしょう。

今の日本には変化させる者と守る者のコミュニケーションが絶対的に欠けている気がします。例えばSNSなんかもコミュニケーションのツールのはずなのに日本では炎上だの陰湿なイジメだの本来の使い方からどんどん離れていってしまう。もっと年寄りから若者まで声を使って顔を見て話せばお互い分かり合えるはずなのに。

日本人同士が良き日本をつくって、それを世界に発信していく。そのために様々なコミュニケーションツールを活用することが必要なのではないでしょうか。

話が脱線してしまいましたね。

桜田門

最後に桜田門から出て、皇居のお散歩は終わりました。

今回は思い付きで来たので皇居内の見学は出来ませんでした。次は皇居の中を参観したいですね。

 

おまけ 国会議事堂をお散歩


国会議事堂は桜田門から歩いて10分ほどで着きます。

国会議事堂の手前には憲政記念館があり、見学することもできます。

憲政記念館1

憲政記念館の前には公園のような広場があって、そこも花が綺麗に咲いておりました。

ランナーがストレッチをしていて皇居ランナーもここで準備をしていくのですかね。

サラリーマンもこの広場のベンチに座って人生の準備をしていました。

憲政記念館2

広場には時計塔がありました。

この塔の三面塔星型という形は、立法・行政・司法の三権分立を象徴したものだそう。

塔の高さも「百尺竿頭一歩を進む」と言うことわざの『努力の上にさらに努力して向上する』の意味から、百尺(30.3m)よりも高くした31.5mに設定されているそうです。私ももっともっと努力しなければ。

広場を国会議事堂の方へ進んでいくと修学旅行生がたくさんいて方言が飛び交っていました。この時期に修学旅行って多いんですね。さらに進んで国会議事堂へと向かいます。

国会議事堂

いよいよ、国会議事堂です。

実はこの写真にはエピソードがあります。

 

「写真家の端くれとして良い写真が撮りたい!」

と意気込んで写真を撮影しようと思ったのですが、国会議事堂の目の前は道路。正面から撮るには横断歩道から撮影しなければならない。

そこで横断歩道の中央から止まって撮影していました。すると横断歩道の向こうからさっきの修学旅行生の団体が歩いてきます。

その中のひとりの少年がやさしい声で叫びました。

 

少年「おにいさん、危ないよー!」

 

信号を見ると青点滅中。急いで写真を撮って対岸へと走る。

 

自分「(命を助けてくれて)ありがとー!」

少年「気を付けてー!(いってらっしゃい!)」

 

平日の昼間に横断歩道の真ん中で写真を撮っている不審な男に声をかけるのは勇気が必要だろう。ひとりの勇気のある少年に私は命を救われたのである。

ちいさな出来事だが日本の将来にわくわくする出来事でした。

 


皇居や国会議事堂の周りには今日紹介できなかった様々な建物もあります。

晴れた日は走らずにゆっくりと散歩してみてはいかがでしょうか。

 

 

MAP

皇居

〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1

 

国会議事堂

〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目7−1