二子玉川で鮎ラーメンを食す

少し曇り空の昼下がり。

本日はモヤさまで見てから行きたかった念願の鮎ラーメンを食べに二子玉川へおでかけです。

時刻は15時、夕食にはまだ早いが鮎ラーメンを食べたくてしかたなかったので、鮎ラーメンのお店へと向かいました。

 

この日は少し肌寒くラーメンのあたたかさがより一層欲しくなる天気。しかし、歩いている途中であるミスに気づいてしまった。

便利になるということは皮肉なものだ…歩きながらスマホで鮎ラーメンのお店を検索していると、

 

「営業時間 夏季のみ昼営業11:30~14:00(なくなり次第終了)」

 

昼営業は夏季のみかーい!そもそも時間も間に合っていない。みなさん営業時間には気を付けましょう。

ということで気を取り直して夕食の時間に行くことにしました。

 

 

 

二子玉川と鮎〇ゴトラーメンを食す


二子玉川でショッピングをして夕方まで時間を潰しました。

現在、二子玉川では都市開発が進んでおり、二子玉川ライズという複合施設に様々なテナントがこれから入るようです。映画館が出来たり、様々な新しいお店が出店したり、楽天の本社が移転したり、もの凄いことになっている模様。

マツコ・デラックスの嫌いな街だが、河川敷があったり食べ物屋やショッピング施設も多く過ごしやすい街です。

二子玉川駅から高島屋の方へと向かい、高島屋の二つある建物の間の道に入る。その道を突き当たりまで進み、分岐点で右ななめの道へ行くと右手に飲食店の並びが見えてくる。そこの真ん中らへんに鮎ラーメンのお店があります。

鮎ラーメン

お店に到着すると2組のお客が外で待っていました。お店の中はカウンターのみで七席しかなく、店主のおにいさんはひとりで店を切り盛りしているようです。店主のおにいさんはモヤさまで見たとおりの鉢巻イケメンおにいさんで凄くやさしそうな方でした。

メニューはシンプルで、、

  • 鮎ラーメン      600円
  • 鮎〇ゴトハーフ   800円
  • 鮎〇ゴトラーメン  1000円
  • ※味付卵プラス    100円
  • 鮎姫ごはん             200円
  • 鮎焼おにぎり     200円

とサイドメニューが他にも何品かあるといった感じです。

私たちが並んだ後も列が増えていき、中々の人気店でした。カップルや女性が多かったので、ジロリアンやラーメンマンには向いてない店かもしれません。15分程待って、やっと中に入れました。

店外もそうでしたが店内の雰囲気も良く、照明にもこだわっていて落ち着くお店といった感じ。ラーメン屋特有の脂っぽさはまったくありませんでした。

私が頼んだのは鮎〇ゴトラーメンと鮎焼おにぎり。入ってからあまり時間も待たずにラーメンも出てきました。

鮎〇ゴトラーメン

本当に鮎が丸ごと入っています。岐阜より取り寄せた鮎を丸ごと1尾使っているそうです。地元の名物を使ったラーメンを作りたいという店主のおにいさんの熱い想いがこめられています。鮎のほかには海苔、三つ葉、白髪ネギのシンプルな具材に極細のちぢれ麺。だし汁にも鮎を使った魚介スープは病みつきになる味。お酒を飲んだ後に飲みたくなるスープのお味ですね。

もうひとつ頼んだ鮎焼おにぎりは鮎の出汁で炊いたご飯を焼おにぎりにしている模様。口の中で広がる鮎の味はまるで透き通った水の中を泳いでいる鮎の気持ちになったようでした。食べ終わったスープの中に入れて食べるとより一層おいしい。

かつて死に物狂いで食べた二郎ラーメンとは対極の位置にあるラーメンだったのでペロリと完食。とてもおいしかったです。お会計の時に鉢巻イケメンおにいさんが鮎のようなまっすぐな目で「1200円になりやす!」と言ってくるものだから危うくあっちの世界に吸い込まれてしまいそうでした。

雰囲気も味も店主のおにいさんもグットな鮎ラーメンさん。二子玉川でショッピングの帰りに是非寄ってみてはいかがでしょうか?

 

 


 

鮎ラーメン 二子玉川店

東京都世田谷区玉川3丁目15-12

(二子玉川駅から徒歩約6分)

営業時間

18:00〜25:00(売り切れ次第終了)

春夏冬季のみ

11:45〜15:00(売切れ次第終了)

MAP